ねずみのこ ポストマニ -アジア民話 文・絵 しんどう たき

ねずみのこ ポストマニ

ねずみのこ ポストマニ -アジア民話 文・絵 しんどう たき

書名:ねずみのこ ポストマニ
文・絵:しんどう たき
定価:1,000円+税
2007年8月25日 第1版 第1刷発行
発行:造形社

アジア民話

ISBNコード:ISBN978-4-88172-578-8

ねずみから、いぬへ、いぬから、いのししへ、いのししから、おひめさまへ
つぎつぎとすがたをかえてゆくポストマニ
どのすがたがほんとうにしあわせなのでしょうか?

お近くの書店でお求めの際は、書名・著者名・ISBNコードをお伝えいただくとスムーズです。
Amazonなどのサイトでも絶賛発売中。


著者紹介

進藤多紀
大正12年生まれ。20代には帝展無監査の彫刻家、片岡環先生にデッサン、油絵を学ぶ。故・遠藤敬三(当時女子美大教授)の門下に入り、亡るまで師事して、日本画を学ぶ。著書には『墨絵の魅力』、『十二支絵図』(日本図書館協会推薦選定図書)や『文様の美』などがある。


作者からのメッセージ

私が少女時代、わら半紙で綴られたそのアジア民話を読んだのは戦後間も無いころでした。その後、記憶をたよりに甥や姪、自分の子に語り聞かせたのが「ポストマニ」のもとになったお話です。このお話は絵本として残っていなかったので、今回の作品としました。おうちで、みんなで読んでください。

進藤多紀