8月28日〜9月2日にフランスでおこなわれるISDE(International Six Days Enduro)に、日本からワールドトロフィーチームが参戦決定となりました。
ISDEは6日間に渡って、1000km以上を走破しなければならないエンデューロ競技。国別で順位を競うため、各国のトップライダーを4人1組で構成されたチームをワールドトロフィーチームといいます。
ISDEのワールドトロフィーチームは6人で構成されていましたが、2016年から4人に変更。(23歳以下のワールドジュニアトロフィーチームは4人から3人、女性のウィメンズトロフィーチームは3人のまま変更なし)参加国のチームを送り出す側やライダーの負担を抑え、この世界的イベントの復権のひとつの策と言えます。

今回のISDEに参戦する日本のワールドトロフィーチームのライダーは
・鈴木 健二選手(YAMAHA 車種未定 E1クラス 2016年チャンピオン)
・内山裕太郎選手(YAMAHA 車種未定 E2クラス 2016年ランキング2位)
・前橋 孝洋選手(車種未定 E1クラス 2016年ランキング3位)
・滑川 勝之選手(KTM 500EXC-F E3クラス 2016年ランキング6位)

監督には平地直樹氏が就任し、メカニックには中嶋宏明氏、平田雅宏氏が務めます。

なお、3人1組のクラブチームでは参戦経験豊富なチーム「ラストサムライ」が既にエントリーしています。
The LAST SAMURAI
ライダー
・資延 哲規選手
・林 佐一郎選手
・村田 竜志選手

JECプロモーションのホームページ
このニュースの詳しい詳細はコチラ
TEL046-205-0874

Tagged with: