シーズンはまだ序盤ということで、ランキングの入れ替えが激しい全日本モトクロス選手権。各クラスのポイントランキングを振り返ってみましょう

IA1クラス


第2戦 オフロードヴィレッジではヒート1優勝した山本鯨選手は、ヒート2で転倒し13位となったがランキング2位にと留まった。これにより、総合3位の成田亮選手がランキング1位浮上。そして総合でワンツーフィニッシュを飾ったカワサキ チーム グリーンの新井宏彰選手は3ランク、小方誠選手は1ランク浮上した。オフロードヴィレッジを得意とする星野優位選手は4ランク上げた

IA2クラス


ヒート2で優勝を果たした岡野聖選手がランキング順位を5位から3位に。IA2唯一のファクトリーライダー渡辺祐介選手はヒート2でリタイヤし、2ランクダウン。植田翔太選手がポイントランキング15位から8位にジャンプアップした。

IBOPENクラス


IBOPENクラスでは、順位が大変動。高橋虎支郎選手がピンピンで優勝し、8ランクアップ。初表彰台に登った奥村海選手がポイントランキング5位にジャンプアップ。神田橋瞭選手は総合10位となり、2ランク下がった。

レディスクラス


自身とチームの地元大会となる川井麻央選手が優勝し、ポイントランキング3位につけた。これにより、本田七海選手、勝股七海選手、永井歩夢選手が1ランク下がる結果に。第1戦の九州大会の予選でリタイヤした安原さや選手がランキング10位にくい込んだ。

Follow me!

この記事の著者について

ダートスポーツ編集部.
ダートスポーツ編集部.月刊ダートスポーツは毎月24日発売!!
月刊ダートスポーツ 編集部です。