全日本モトクロス選手権は中盤戦に突入、ポイントランキング争いに目が離せない!

IA1クラス

怪我人の多かったIA1で見事パーフェクトウィンを果たしたのは小方誠選手。これにより新井宏彰選手を抜き総合3位となった。怪我をしてしまった小島庸平選手が3ランクダウン。地元で活躍を見せた星野裕選手は5ランクアップ。うず潮レーシングの地元で星野優位選手は1ランク上げた。

IA2クラス

今回の広島で怪我をしてしまった、小川孝平選手が2ランクダウン。これにより岡野聖選手と安原志選手が1ランク上げた。池本凌太選手がキレッキレの走りで2ランクアップ。これにより植田翔太選手とH.ナイト選手が1ランクダウンした。

IB OPENクラス

児玉伯斗選手がパーフェクトウィンで4ランクアップ! 鴨田翔選手は17位からジャンプアップ。7位だった内藤龍星選手が予選落ちとなり13位までランクダウン、惜しくも優勝を逃した手操将志選手がランキング21位から、なんと11ランクアップで昇格圏内にくい込んだ!  

レディスクラス

竹内優菜選手が今年初優勝。それに続き畑尾樹璃選手が2位となったため、ジャンプアップで7位! 神田橋芽選手が4位に入賞して2ランクアップ、永井歩夢選手が転倒で14位、そのため9位にランクダウン。金尾里香選手が2ランクアップした。また安原さや選手がノーポイントとなったため13位にランクダウン。

Follow me!

この記事の著者について

ダートスポーツ編集部.
ダートスポーツ編集部.月刊ダートスポーツは毎月24日発売!!
月刊ダートスポーツ 編集部です。