以前紹介した、九州産業大学の学生である森大樹さんが、大学の卒業制作でIA2能塚智寛選手のGOPRO映像を体験できる展示をおこなう、という企画ですが、先日無事成功に終ったとのこと!

約357人の方が来場したそうです。すごい!

当日の様子が分かる写真も届きました。

10813556_716771665097445_1235783158_o

10807324_716771638430781_5091258_o

こちらは展示の様子が分かるムービーです。コレ本当に素晴らしい! 編集部も体感したかったー…

10815518_716771431764135_913268265_o

10815505_716771625097449_745697752_o

10817455_716771418430803_1960892176_o

アンケートには…

・映像だけなのに浮遊しているような感覚と、石が飛んできていると錯覚するような音!

・スクリーンが丸くなっていて立体的に見えて本当に走っているような感じがした。

・特に飛んだ後の影が手前に見える感じだとか、たまに見えるハンドルとか、他の人を「抜いた!」と思ったら抜き返される感じとかやばっかったです!!

・リアルだから少し映像酔いしてしまったけど、それ以上に迫力に圧倒された。

・気が付けば、画面に食い入るように見ていました。自分はバイクには乗れませんが、乗ったような気がしてとても楽しかったです。石や車輪の後ろの地面など、とても怖かったです。ずっと飽きないのでまた見たいです。

・展示物をライトで照らしていてオシャレだなと思いました。実際にバイク以外にもヘルメットやブーツ、ウェアも見れてよかったです。

などなど、モトクロスを知らなかった人にも楽しんでもらえたようです。

もちろん、ライダーの能塚選手本人と能塚パパも来場、「弘楽園のレースを思い出しました。笑」と笑っていたとか。

いやー、本当に素晴らしい卒業制作、お疲れさまでした!

 

Follow me!

この記事の著者について

ダートスポーツ編集部.月刊ダートスポーツは毎月24日発売!!
月刊ダートスポーツ 編集部です。