予選日から最高に熱かったRed Bull X-Fighters 大阪。まずは日本人予選、ハイライトはなんと言っても日本人初540フレアをメイクした加賀 BUPPER 真一!

クオーターパイプを使った新ワザ、本気で決めてきた!!

クオーターパイプを使った新ワザ、本気で決めてきた!!

そして、コースの使い方、トリックのバリエーション、完成度の高さ、などでトップ通過したのは釘村KOTA。

「GO BIGでの走りがめっちゃ情けなかったので」と、今日は奮起。日本人予選1位!

「GO BIGでの走りがめっちゃ情けなかったので」と、今日は奮起。日本人予選1位!

★日本人予選

1 KOTA KUGIMURA 78.00

2 GENKI WATANABE 76.80

3 SHINICHI KAGA 76.70

4 KOTA SUZUKI 66.30

5 HITOSHI TAKAHASHI 65.60

 

伸び伸び走ってたGENKI

伸び伸び走ってたGENKI

ケガを押しての出場となったGONTA。2つめのランはキャンセルした

ケガを押しての出場となったGONTA。2つめのランはキャンセルした

急遽参戦が決まったHITOSHI。オーバージャンプから腰を強打する転倒があったけど、大舞台で存在感をアピール!

急遽参戦が決まったHITOSHI。オーバージャンプから腰を強打する転倒があったけど、大舞台で存在感をアピール!

 

IMG_1187 (800x533)

ジャパニーズ、サムライ!

Follow me!

この記事の著者について

ダートスポーツ編集部.
ダートスポーツ編集部.月刊ダートスポーツは毎月24日発売!!
月刊ダートスポーツ 編集部です。
Tagged with: