PHOTO/HASEGAWA TORU

PHOTO/HASEGAWA TORU

全日本モトクロスSUGOでの表彰台も記憶に新しい大塚豪太(17歳/T.E.SPORT)が、7/5-6にスウェーデンで開催されるMXGPにスポット参戦! 今回、FIMアジアからの枠でエントリーということで、若手の大塚に白羽の矢が立った形だ。MXGPへの参戦は3月のタイラウンド以来の2度目。ゼッケンは#155。

 

以下、明日に出発を控えた大塚のコメントをどうぞ。

「第2戦のタイの時は、アメリカ合宿から帰って来たばかりの時で自信がついていたにも関わらず、トップと10秒以上差があったりして、かなりメンタルがやられました(結果:24位/21位)。今回のスウェーデンではその時以上の成績は必ず出したいです。全日本もなかなか調子が上がらなくて、正直悩んでいます。今回のMXGP参戦が不調を突破するきっかけにできればいいなと思っています。ハーリングスの走りなどもしっかり見て、自分らしい開け開けの走りを取り戻したいです。スウェーデンは藤沢を固くしたようなサンドコースだと熱田さんが教えてくれました。固いコースよりは得意なので良かったです。マシンはスウェーデンホンダさんからノーマルをお借りして、サスはSHOWAさん、タイヤはブリヂストンさんが協力してくれることになりました。学校を一週間休んでの参戦になります。かなり楽しみです! 何かを掴んで帰って来たいですね」

Follow me!

この記事の著者について

ダートスポーツ編集部.
ダートスポーツ編集部.月刊ダートスポーツは毎月24日発売!!
月刊ダートスポーツ 編集部です。
Tagged with: