第1戦カタールでMXGPデビュー戦の、HondaのT・ガイザーがピンピンを決め、話題騒然のFIMモトクロス世界選手権。

20160306_MXGP_rd2_02

その第2戦のタイではタイトルホルダーのYAMAHAのR・フェーブルがピンピン、昨年の好調を引き継ぐ形で、ガイザーを抑えてランキング首位に立ちました。

20160306_MXGP_rd2_01

AMAのC・ウェブもそうですが、昨年SUGOの全日本MX最終戦に来てくれた選手が活躍してくれると、嬉しいですね!

MXGPクラスに年間参戦している山本鯨はヒート1、ヒート2ともに18位、直前になって自身のSNSでMX2クラスへの参戦を明らかにした安原志はヒート1で18位、ヒート2が19位。

他に特筆すべき点では昨年怪我に苦しんだ王者カイローリがヒート1で2位に入賞しているのと、ヒート2ではなんと、昨年までHRCのアドバイザーを務めていたB・タウンリーが2位に入りました。

現在のランキングは

1.R・フェーブル      Yamaha  92pt
2.T・ガイザー        Honda   86pt
3.E・ボブリシェブ      Honda   74pt
4.J・ファン・フォルベーク   Yamaha  68pt
5.A・カイローリ      KTM    64pt

となっています。

Follow me!

この記事の著者について

ダートスポーツ編集部.
ダートスポーツ編集部.月刊ダートスポーツは毎月24日発売!!
月刊ダートスポーツ 編集部です。
Tagged with: