本誌編集長、宮崎のアジアクロスカントリーラリー挑戦記 LEG2!

昨日のSSは、192.92km。後半のSS2早々にロストして気力体力使いきりDNFだったのは昨日お伝えしました。

本日LEG2はカンチャナブリを起点にループで戻るコース。SSは198.95kmとさらにボリュームアップ!

とにかく今年はSSの長さ、ルートの多様性、ナビゲーションスキルを求めるコース、これぞアジアクロスカントリーラリーという充実した内容です。

それは一方でライダーには満足感や、大変さなど様々な気持ちを抱かさせています。

つまり人によってその感想はだいぶ異なるはずです。

僕は、、、道をロストしての断念は初めてだったので、かなり昨日はヤラレましたが、体とマシンは問題なし。

今日は超安全運転で完走しました。後半SSはキャンセルでした。

コンペティターは本当にやることが多いです!

ここまで朝から晩までTO DOリストが詰まっているのはラリーだけじゃないでしょうか?

早朝食事、準備、ホテルのチェックアウト、トラックへの荷物積載、そしてLEG走行、途中のガス補給、ロードブック巻き直し、ホテルに帰還、洗濯、洗車、整備、夕食、翌日のロードブック受け渡し、マップチェックとホルダーへのセット、そして僕はレポート書き(笑)。しかし競技者なので、本当に時間がないです。更新していない時は、何かやっていますので、すみません。

タイから出場のナリサラ選手。小柄な女性ですが、速いです。可愛さに騙されてはいけません。

今日のSSスタートであっという間に彼方へ消えて行きました(笑)。

 

メディアの人達も撮影されているので、本誌ではお見せ出来ると思いますが、一応私もパシャリ。昨日はSS中一枚も撮影していないので、今日はマイペースで行くつもりでいつものように。で、ここはガレてる登り。楽しいです!

701 Enduroは車高下げているのでストローク量とグランドヒットに気を使いますが、トルクと安定性が高く、想像以上に走破性高し。今年はiRCのVE-33を装着しているので、これまた安定のグリップでした。

ガレの下りもありました。走行に気を取られ、道を迷いましたが、少し戻って、落ち着いて正解ルートを発見できました。

なかなかいい感じのグラストラック。マーカーも隠れ気味です(笑)。

ちなみにマーカー、別のイベントのものも残っている時もあるので注意。

今回マップが長く、明日も含め、毎日SSを2分割。サービスエリアで巻き直すんですが、僕の場合は体力、気力も結構ギリギリで空腹と喉の渇きを速攻で癒した後、巻き直しするので、そこが辛い。でもサービステントは、本当に癒しの空間です。後半SSに頑張っていこうという気持ちになりますから! そして、大崎さんが用意してくれる中に、現地のめちゃうまいフルーツやお菓子があるので、最高。この写真は、その巻き直した後半SSでさえも、終盤巻けなくなって、やむなくSS中に今まで走ったマップを捨てて、巻き直したところ。2年前にもありました。

日本人ライダーもエンジョイしてます。

ホンダの杉山さんは、私にとっては試乗会でお会いしたり、取材対象のメーカーの方なんですが、こうやって自らAXCRに飛び込み、初ラリーとは思えない雰囲気を出しています! 楽しすぎて、ガレを往復したかったそうです(笑)。

明日LEG3のマップ。明日も長いです! SS209.10km。

それではまた明日!

Tagged with: