TOMOYASU IKEDA 池田智泰
1972年生まれ、42歳。2009年JECチャンピオン、2010ISDEメキシコ・2007年ISDEチリ・2006年ISDEニュージーランドにワールドトロフィーとして参加。JECプロモーションに従事した経験も持つ。2013年8月12日ラリーモンゴリア120km前後で、クラッシュして約1カ月意識不明、その後意識戻るも、約7カ月の長期入院生活を経て、現在退院

※「イシゲコラム」はfrmですでに使用されていましたね、しつれいしました。今回より改題です!

本当に応援したくなるISDEトロフィーチーム結成! となると…。
もし実現出来たら、いったいどれだけの人の心と財布(お金)を動かす事が出来るのでしょうか?? 最低でもISDEには2週間は休暇が必要です(レース自体に6日間で移動や下見、準備などを入れるとね)。普通の社会人であれば、当然その間の収入なんてあるはずもありません。その為に必要な財布(お金)って意味です。
ギャラとは言わないまでも、現地までの飛行機、滞在、マシンレンタル、ISDEで使用する各メーカーのサポート費用など、みんなから少しでも集められれば、どうでしょうか。残念ながら今の日本のオフロード業界には、そのために必要な連携、一体感があるとは思えませんが。
それをある一人の男ならば、変えてしまう!? かもしれません。あらゆる事(今の自分の状況)よりも、後進の為に! と考えているし、その影響力も半端ないですからね。当時まだまだ大人になりきっていない時、既に世界を相手に戦う事をしてきたライダーですから。じゃないと世界で戦う事の本当の苦労を知らないだろうし、また後進にはその自分が経験したきたものと同じものを味わせたくないという、本当に純粋な想いをもっているとも思っています。
オレとしては、今本当にみんなが望むトロフィーチームで、世界を相手にしても結果を出せるメンバーで、ベストな戦いを見てみたいと思っています。

今現在トロフィーライダーでも、一般のエントリーであっても、2週間の休み、一人100万円近い出費(場所や時期によってはそれ以上も)など、数々の問題をクリアして始めて手を挙げることが出来るという、既に高いハードルを越える事がISDE出場の第1歩でもあるんです。これはサラリーマンにとってはとてつもなく高いハードルになっています。これには、なんらかのファウンディング機構が必要でしょう。
たとえば、各レースの主催者にも協力していただき、エントリーフィーから一人一律いくらをISDEトロフィーチームのために寄付しますという前フリも必要になるはずです。日本全国のレース主催者(ISDEトロフィーチームに応援するレース)にエントリーしたライダーなど全員の力を集めれば、なんとかなるかもしれません。または、各コースでもね。
で、あればISDEに必要な資材、人手、旅費なども結構確保できるかもしれません。そうなれば本当にみんなが望むISDEトロフィーチーム結成も夢ではなくなるかもしれませんよね。

ISDEトロフィーライダー6人には、クロスカントリー、エクストリーム、エンデューロ、MX、TRなどジャンル問わず選抜していければいいなぁ、と思います。が、今現在はISDEトロフィーチーム選任には絶対必要なMFJエンデューロライセンスの必要なレース(JEC)に出場し、そこで一定の結果を出す!? のが必要になります。だって、ISDEってFIM格式のレースなんだもーん。それは仕方のない事ですよね。まぁ本当はJECに出場しているライダーの中だけから、ISDEトロフィーチーム選出なんて枠も取っ払いたいんですがね (^ー^;A それが一番難しいか(笑)。
ライダーを選出するための手段としては一般のライダー達からも意見を聞きたいですよね。各メディアにも協力していただき、はがき&インターネットなどによるライダー投票などもいいかもしれません。

その為にはまずは行ける、行きたい、ライダーの挙手も必要でしょう…。
今の数少ないエンデューロIAライダーには、ほぼ全員毎年恒例のようにISDEトロフィーチーム選抜のはがきが来るのが現状です。各ジャンルのIAライダーであれば、エンデューロ国際ライセンス取得も簡単だと思います(たぶん3000円のライセンス追加だけかな)。

個人的に6人を挙げてみて! となった場合、今であれば…。小池田猛、渡辺学、鈴木健二、釘村忠、小林雅裕、田中太一。あとあくまで個人的にですが、今後に期待の唯一MX IAキャリアではない小林雅人には食い込んでもらいたい。この6人であればオレは本当に少ない貯金から少しだけでも出して応援したいね。って、そもそもオレ貯金ないけどもね (^ー^;A あっ、もちろん能塚君もですけども、MXネイションズもISDEトロフィーライダーにも!ってライダー、実は世界ではそこそこいるんですけども、能塚君にはMXでしっかりやってもらってからでも間に合うからいいんです!!
(他には矢野カズト選手、世界のフジガス、成田匠選手、絶対にエンデューロに向いているであろう熱田孝高選手、田中教世選手など…、妄想は広がるばかりですねwww)

えっ!? じゃあ今までのISDEトロフィーチームは? ってなるよね、予算やしがらみは一切ないのを条件に妄想を書いただけなので、苦情は一切受け付けませんので、あしからず m(_ _)m

Follow me!

この記事の著者について

池田 智泰
池田 智泰
ラリーでの負傷から休養中のエンデューロライダー。JECPROに所属していたことも
2010年/ISDEメキシコ大会 ワールドトロフィー
2009年/JEC(MFJ全日本エンデューロ選手権) シリーズチャンピオン
2007年/ISDEチリ大会 ワールドトロフィー シルバーメダル
2006年/ISDEニュージランド大会 ワールドトロフィー シルバーメダル